両建 ラーメン博物館 新横浜 おすすめ 気仙沼復興のシンボル・かもめ食堂

ラーメン博物館 新横浜 おすすめ 気仙沼復興のシンボル・かもめ食堂 - ラーメン博物館 新横浜 東京〜全国版

ラーメン博物館 新横浜 おすすめ 気仙沼復興のシンボル・かもめ食堂

ラーメン博物館 新横浜 おすすめの一品は、「気仙沼復興のシンボル・かもめ食堂」です。

当館への出店は、2012年12月〜約3年間です。

宮城県気仙沼市でかつて地元の人に愛され、

東日本大震災の津波で消失してしまった「かもめ食堂」。

特別な店ではありませんが、気仙沼では誰もが知っているシンボル的な店です。

「かもめ食堂」のような食堂の復活が、日常を取り戻した気仙沼復興の象徴となり、

希望となればと言う思いから、気仙沼出身 東京・葛西「ちばき屋」

店主 千葉憲二氏が 復興のため故郷の店を再現しました。

おいしさの秘密
@ 麺
麺は中細の縮れ麺。適度に縮れた麺は持ち上げが良く、スープ、香油との一体感を強めます。

A スープ/タレ
魚介類を丸二日間塩漬けし、水、酒、昆布を合わせた特製のタレが決め手の塩ラーメン。鶏ガラをベースに鯛干し、昆布を加えたダブルスープ。

B サンマの香油
サンマの水揚げ量日本一を誇る気仙沼。そのサンマを使った香油が気仙沼ラーメン潮味のポイント。

C かもめの玉子
半熟煮玉子を最初にラーメンに取り入れた千葉氏。かもめの玉子風に切った煮玉子は昆布ダシに付け込んだ、ひと手間かかったもの。


2014-08-23 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © ラーメン博物館 新横浜 東京〜全国版 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。